忍者ブログ
2度のリストラでなぜか北九州に都落ちしたスキー大好き人間の日記
[84]  [83]  [82]  [81]  [87]  [86]  [80]  [79]  [78]  [77]  [76
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 Mさん仕事で来熊される際に、日本百名山に数えられる阿蘇山と祖母山に登るということなだったので、ご一緒させて頂くことにしました。しかし、これでは田植えが出来ない!と騒いでいた6月までの空梅雨うそのように7月に入ってから雨、雨、雨。


 で、7日(土)もやはり雨。それも大雨洪水注意報が発令されるほどの豪雨。阿蘇くまもと空港へMさんを迎えに行きましたが、大雨のため、今回は登山をあきらめることになりました(とはいえMさんにとっては今回もであったが・・・)


 阿蘇山近辺は、自然を満喫できなければどうってことのないところ。建物系はおもしろくないので、とりあえず「大観望」へ。


 「大観望」は、阿蘇外輪山の北側に位置し、阿蘇五岳、久住山などが見渡せる場所なのですが、大雨に加え見渡す限りガスで覆われなにしに行ったんだかという感じ。大観望には何度も行きましたが、こんなに天気の悪い日は初めて。ある意味良い経験かもしれません。


 ちょうとお昼になったので、調べておいたお店に電話すると「大雨のため臨時休業です」との返事・・・。そのため昼食プランBへ変更。阿蘇神社の門前町である水基めぐりの道に行きました。ここ一の宮町では平成11年3月にTMO構想を策定し、平成13年に㈱まちづくり阿蘇一の宮がタウンマネージメント機関として認可されました。


 「水」をテーマに統一的な景観形成を目指すというだけあって、お店ごとに湧き水(?)があり、良い雰囲気だったと思います。旧TMOで成功している例は全国でもほとんどなく、ここも大成功とはいっていないのでしょうが、少なくともかなり努力されていると思います。


 お昼に選んだのは、郷土料理の「はなびし」です。阿蘇地方伝統の「田舎いなり」がウリらしいので、田舎いなり御膳をいただきました。田舎いなりはおいしいけれどでかすぎて食べづらい・・・。だご汁(熊本郷土料理)や馬刺しも付いていて大満足。











「はなびし」
田舎いなり御膳

 食後は、阿蘇お菓子工房「たのや」のたのシュークリームをいただきましたが、これがなかなか「まいう~」でしたよ。お薦めです。







 
「たのシュークリーム」

  ここからちょっと距離がありますが、Mさんが以前正式オープン前(地元の人は渡れたらしい)に近くを通った「九重夢大吊橋」へ行きました。私は初めてでしたが、ここは、長さ、高さとも日本一の歩道吊橋で、橋の上からは絶景が見えるはずが・・・







こんなんでした。絶景は何処へ?

 怖くもなんともなかった。橋の上にいた職員からあそこに男滝と女滝があって、その間に子滝を孫滝があります。孫滝は雨量が少ないと見えないのですが、最近の雨で水量は多いですと指差して解説していただきましたが、当然のことながら、み、見えませんでした。別の機会でリベンジしてみたいです。


 この日は、阿蘇YHに宿泊。阿蘇駅前にある「夢の湯」に行って、夕食は、また水基巡りの道に戻って湧水茶屋「なかまち」で頂きました。











夢の湯
湧水茶屋「なかまち」



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
ero-chan-san
性別:
非公開
趣味:
スキー など色々
自己紹介:
東京へ帰りたいと悩む日々
忍者ポイント
最新コメント
[11/06 I-Rom]
[11/05 I-Rom]
[11/03 I-Rom]
[10/22 I-Rom]
[09/27 鯨類]
最新トラックバック
ブログ内検索
バーコード
フリーエリア
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]