忍者ブログ
2度のリストラでなぜか北九州に都落ちしたスキー大好き人間の日記
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

朝、10時阿嘉島発の船なので、帰りの飛行機まで約7時間。この時間を利用して沖縄本島最高峰与那覇岳に登ろうかと一応装備は持ってきていたのだが、冷静に考え、同部屋だった人にも相談した結果、自分では分からないが3日のダイビングで疲れているはずだから、やめておいたほうが良いとのアドバイスも頂いたので、断念。
沖縄は移動手段がほとんど車しかなく、与那覇岳まで片道2時間弱かかることを考えれば妥当かもしれない(断念も勇気いりますしね)。帰り道ちょっと遅れてしまい。あせって事故。なんてことにはなりたくないし。

結局、同部屋の人と昼食をとってお見送りしたあと、鳩間島から那覇でトランジットする友人をお見送りして、帰りました。

ちょうどファントムが訓練飛行をしていたようで、あの爆音には感動しました。
飛行機が滑走路に待機して、ファントムが着陸したのですが、既に暗くなっており姿が見えず残念でした。
PR

痛いニュース 平成19年9月15日
市民団体の要望で中学生のマウス解剖中止 「生命の大切さを知るために殺すのは本末転倒」 

解剖って命の大切さを知るためにするわけではありませんが・・・

こういう連中って、解剖には反対するくせに、牛肉食べたり、豚肉食べたりしてるんだろ?8月27日にも書いたけど、ベジタリアンだって同罪だよ。植物だって生きているんだからね。
解剖はだめだけど、食べるのはOKなんての詭弁に過ぎない。

動物実験にも反対しているみたいだけど、私もしないにこしたことはないと思いますが、人間が生きていくうえでせざるを得ないものではないでしょうか?

こういう連中は、当然動物実験した薬も飲まないし、シャンプーや化粧品なども使わないのでしょうね。

生き物は食べない、動物実験した薬は飲まない、シャンプーは使わない、化粧品は使わないのであれば、批判はしませんけどね。

 久しくTVドラマなど見てなかったのだが、「綾瀬はるか」が見たい、ただそれだけの理由で、「ホタルノヒカリ」を見ていた。

 今日が最終回だったが、とにかくストーリーがつまらない。綾瀬はるかが出ていなかったら1話で見るのをやめている。

 最近ドラマの視聴率が低いらしいが、あたりまえだ。ストーリーがつまらないんだから。「24」とかちょっと古いけど「トゥルーコーリング」とかのストーリーと比べることすら馬鹿らしい。

 ストーリーは人気コミックから、俳優は実力ではなく、芸能事務所が売り出したい女優、つまらない、演技へたくそ、じゃ見る奴いないよね。

 地デジなんて買う必要なしという思いが日々強くなる。
土日テニスの試合に出場しましたが、この大会は毎年行われており、私は2回目の参加でした。

昨年、試合をした方々がいましたので、すれ違うときに軽く会釈をする(挨拶する程の仲ではないので)のですが、ほとんどの人が無視か誰だっけ?という反応。

考えてみれば、職場でも一度お会いしてお話をしたことがある人に、別の機会でお会いして会釈しても反応がないことの方が多い。

私も名前までは覚えていなのですが、一度でもお話したことがあれば、顔くらいは覚えていますので、会釈をしているわけですが、世間の人って記憶力がないのかな。それとも一度話しをしたくらいじゃ、会釈なんてしないものなのでしょうかね。
北海道新聞 平成19年8月25日
観光客「ショック」羅臼沖業者「近づかないで」 くじらウオッチング船眼前で捕鯨

【羅臼、網走】知床の世界自然遺産登録海域に近い根室管内羅臼町沖で二十四日、クジラウオッチング中の観光船の目の前で、捕鯨船のツチクジラ捕獲作業が行われていたことが二十五日、分かった。捕鯨船側は「観光船側の危険運航」と抗議する一方、クジラの生態を楽しもうとしていた観光客からは「かわいそう」との声が上がった。

 観光船は羅臼町の知床ネイチャークルーズ所有の「エバーグリーン」(一九トン)で、当時、観光客約二十人が乗っていた。捕鯨船は網走・下道(しもみち)水産と和歌山県太地町の会社が共同所有する「第7勝丸」(三二トン、六人乗り組み)。

 場所は羅臼港の東約十キロの沖合で、世界遺産登録海域からははずれ、ツチクジラの漁場の一つとなっている。第7勝丸は二十四日午前十時すぎ、捕鯨砲でツチクジラを撃ち、追いつめた上でもりでとどめを刺した。

 エバーグリーンの長谷川正人船長によると、両船は当初五百メートルほど離れていたが、最後は約百メートルに近づいたという。ほかにも二隻の観光船がいた。周りの海は血で赤く染まり、観光客からは「ショック」との声が出、「気分が悪くなった」と話す外国人客もいた。長谷川船長は「距離は十分とっており、危険はなかった」としている。

 捕獲されたクジラは二十五日早朝、網走港に水揚げされ、体長約九・五メートル。ツチクジラは国際捕鯨委員会(IWC)の管理対象外で、今年は水産庁が六十六頭の捕獲枠を定め、網走と函館、道外三カ所の計五カ所を拠点に八業者五隻の小型捕鯨船が操業している。

 下道水産の下道吉一社長は「(観光船との接近は)初めての経験。われわれは生業として捕鯨を行っているが、クジラが暴れる可能性もあり、船で近づくのは危険」とし、羅臼町役場に抗議した。同町のクジラ観光船は昨年、前年より二隻多い四隻に増えており、脇紀美夫町長は「お互い気を付けてほしい」として事実関係を調べる考えだ。

>クジラの生態を楽しもうとしていた観光客からは「かわいそう」との声が上がった。
>観光客からは「ショック」との声が出、「気分が悪くなった」と話す外国人客もいた。


→人間に限らず、すべての生物は生物を殺して食べなければ生きていけません。それは全ての生物が背負った罪です(仏教で言えば「業」ですかね)。だから私達は食べ物を頂くときに、その食べ物に感謝して「いただきます」といいます。
クジラの捕獲は確かにかわいそうだとは思いますが、そういう連中は、牛肉や豚肉を食べるときはかわいそうだとは思わないんですか?ベジタリアンとて同じ。植物だって生きているんです。収穫されたらかわいそうなんです。なんでクジラだけ特別な訳?
クジラの捕獲を本当にかわいそうだと思っているなら、他の生物もかわいそうだと思え!そして生物を殺して食べるようなことはするな!それができて初めてかわいそうって言えるんだよ。

カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
ero-chan-san
性別:
非公開
趣味:
スキー など色々
自己紹介:
東京へ帰りたいと悩む日々
忍者ポイント
最新コメント
[11/06 I-Rom]
[11/05 I-Rom]
[11/03 I-Rom]
[10/22 I-Rom]
[09/27 鯨類]
最新トラックバック
ブログ内検索
バーコード
フリーエリア
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]