忍者ブログ
2度のリストラでなぜか北九州に都落ちしたスキー大好き人間の日記
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ある選手が不祥事を起こすとチーム全体を出場停止にさせる高野連を胸糞悪く思っているので、高校野球は見ないのだが、こんなニュースを見つけた。

産経新聞関西 平成19年8月16日(木)
甲子園で学ラン“封印” 宇治山田商応援団「戦争想起」に過剰反応?

 第89回全国高校野球選手権大会で、16日に佐賀北(佐賀)と引き分け再試合を行う三重県代表、宇治山田商業の野球部応援団が、県大会決勝まで続けてきた学ランと「日の丸」の鉢巻き姿での応援を甲子園で“封印”していたことがわかった。「戦争を想起させる学ランは不適切」との投書がきっかけで、県高野連と同校が協議し、急遽(きゅうきょ)トレーナー姿での応援に変更した。同校では「大会中に終戦記念日もあるため配慮した」としているが、OBなどからは「過剰反応なのでは…」と反発の声も上がっている。
 関係者によると、同校は7月の三重県大会決勝まで、応援団の男子生徒ら11人が黒い詰め襟学ランに、「必勝」と書かれた日の丸鉢巻き姿で応援。このスタイルは昭和53年の第60回選手権大会で甲子園に初出場したときから続けてきたもので、同校の普段の制服も詰め襟という。
 ところが、今年の県大会決勝後、「学ランはもともと海軍の軍服。高校野球という舞台で戦争を思い起こさせるのは不適切だ」などと指摘した投書が県内の別の高校に届き、県教委が同校に連絡。
 同校と県高野連が協議し、県高野連が「やめておいた方がいいのでは」と助言し、同校も白地に校名の入ったトレーナー姿に改めるとともに、日の丸の鉢巻きも取りやめることを決めたという。
 同校の教諭は「私自身もOBで、学ランで甲子園に来た思い出があるので名残惜しいが、大会期間中に終戦記念日もあり、繊細な問題なので断念した」。鈴木光一校長(57)は「私自身が直接指示したわけではないが、熱中症の心配もあり取りやめた方がいいと以前から思っていた。高野連からは、あくまでアドバイスをいただいたと思っている」。
 一方、柴原高雄・三重県高野連理事長は「甲子園出場前に学校と協議の場を設けたのは事実。ただ応援の仕方を説明する中で、『暑いのでやめた方がいい』と話しただけ」。高校野球大会本部は「学校が個別に判断すべき事柄なのでコメントできないが、高野連から指示を出したことはない」としている。
 こうしたチグハグな対応について、同校の応援団やチアリーダーらは「学校側からは戦争をイメージするたからダメだと言われただけ。学ランで汗をかくことで、グラウンドの選手と一体になれたのに…」。スタンドに来ていたOBの男性会社員(37)も「学生服として定着しているのに、今さら戦争の話を持ち出すのはおかしい」と学校側の“過剰反応”に首をかしげる。
 一方、学ラン姿の応援を続ける今夏の甲子園出場校の一つ、今治西(愛媛)の応援団顧問、青木孝之さん(39)は「わが校は代々引き継いでいる制服なので違和感はなく、今後も変更するつもりはない。宇治山田商は少し気にしすぎなのでは」と話していた。

事なかれ主義

コラムニストの勝谷誠彦さんの話 「事なかれ主義、ご都合主義の典型だ。そもそも高校野球には二面性がある。公然と語られていた特待生問題にしても高野連は初めて聞いたような顔をしたし、夏の甲子園は日の丸に批判的な朝日新聞社主催の大会なのに、球場には高々と日の丸が掲げられている。そうした大人たちの都合が、今回は伝統の応援スタイルにこだわってきた生徒たちを直撃した。あまりにかわいそうだ。しかも宇治山田商といえば、日本文化の象徴でもある伊勢神宮の間近にある学校だ。恥を知れと言いたい」

→「戦争を想起させる学ランは不適切」という言いがかりの投書にうろたえる馬鹿高野連。まあ、今回は三重県の高野連だが。応援している生徒の気持ちなんてまったく考えないんだろうね。
 応援の仕方を説明しただけ?直接は言葉に出さないけど、分かってるだろ?って感じなんでしょ。高校側は高野連から言われれば逆らえないんだから。
 ほんとくだらないことにエネルギーを使ってるね。

 「旧日本海軍の旭日旗に似ている朝日新聞の社旗は戦争を連想させるから報道機関としては不適切」って投書してみるかな?

PR
今日は、終戦の日です。

今、私がこのように平和に過ごすことができるのも、先人達の犠牲のおかげです。

そのことはいつまでも忘れないようにしたいものです。

しかし、近所の小学校は国旗を揚げっぱなし。半旗を揚げることすら知らない馬鹿が校長をやっているとはなさけない・・・
九重山中岳登山から2日。

まったく筋肉痛はない。たいした山じゃなからと言われそうだが、昨シーズンのスキー、テニスの練習、阿蘇山高岳、利尻の歩きでも筋肉痛はでてこない。

Kaatsを始めてから1年になるが、最近では筋肉痛にならない。

我ながらよくKaatsのトレーニングを続けているなと思うし、

やはりKaats買ってよかったなと思う日々。
夏真っ盛りである。
北海道から帰ってきてから、北九州は熱帯気候ではないかと思う。
日曜日、15時頃八幡西区でスコール、月曜日、小倉南区では15時頃に雷雨、火曜日、小倉北区、小倉南区で17時頃スコール。いずれも大雨洪水注意報が発令された。
今日は、降らなかったが、夕方局地的に降るにわか雨はまさに熱帯地方のスコールではないか?
でも、利点もあってスコールの後は涼しくなるからありなのかなって思う。

しかし、利尻、礼文、稚内と涼しかったので、この暑さはこたえる・・・
 今回の参議院選挙で失望したのは、日本人はこんなにもマスゴミに踊らされるのかと思ったこと。
 今回の参議院選挙で失望したのは、「今度の選挙で政権交代はあるんですかね?」と聞かれたこと。
 今回の参議院選挙で失望したのは、民主党のマニュフェストを読んでもいないのに、民主党がなんとかしてくれると思っている人が沢山いたこと。

 北海道行って頭冷やしてきます。
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
ero-chan-san
性別:
非公開
趣味:
スキー など色々
自己紹介:
東京へ帰りたいと悩む日々
忍者ポイント
最新コメント
[11/06 I-Rom]
[11/05 I-Rom]
[11/03 I-Rom]
[10/22 I-Rom]
[09/27 鯨類]
最新トラックバック
ブログ内検索
バーコード
フリーエリア
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]